病気の治療は早い方が良い

>

痛みを感じる人が多い

恐怖を抱いている人

検査は、多少の痛みを感じることが多いです。
ガマンできないような痛みだったら、早急に医師に伝えてください。
すると痛み止めを使ってくれます。
ですから安心して卵管造影検査を受けてください。
また副作用が起こることもあります。
検査を受けた直後は、気分が悪かったり湿疹が出たり、かゆみを感じたりします。

かゆみや湿疹は、数日後まで続く人も見られます。
また、卵管炎や脳梗塞、肺梗塞になる人も見られるので注意してください。
卵管造影検査を受けて、少しでも体調が悪くなったり普段と様子が違うように思ったら病院へ行きましょう。
しかしそのような重い副作用が起こることは、ごくまれです。
あまり恐怖心を抱かないで、気楽に受けてください。

卵管造影検査のタイミング

都合があると思いますが、好きなタイミングで検査を受けられるわけではありません。
月経が終わってから、排卵するまでの間に卵管造影検査を受けてください。
大体、月経が始まってから7日から10日頃がベストでしょう。
その前に、クラミジア感染症になっていないか検査を受けます。
検査結果が陽性だったら、まずはそちらの治療を開始します。

過去に造影検査で、身体に大きな異変が起こった人は卵管造影検査を受けられないので気をつけてください。
また造影剤は、甲状腺機能を抑制することがあります。
甲状腺機能異常の人も、卵管造影検査を受けられません。
てんかん発作の人も、同じく受けられない決まりになっています。
自分がこれらに該当しないか調べてください。


この記事をシェアする
B!