病気の治療は早い方が良い

>

きちんと受精できるか調べる

妊娠するために必要なこと

卵管造影検査をする際は、造影剤という薬剤を卵管に流します。
卵管が詰まっていると、造影剤が溜まります。
すると子宮が閉鎖しているので、仮に精子が体内に入って来ても、卵子と結びつくことはできません。
体内で受精ができないので、体外受精を選択することになります。
それでも赤ちゃんを授かることはできるので、子宮が閉鎖していると言われても大きなショックを受けないでください。

自分の子宮の状態を、外側から知るのは非常に難しいです。
病院へ行って、具体的な検査を受けなければいけません。
本気で赤ちゃんを授かりたいなら、そのような手段を使ってください。
子宮が閉鎖していても、あまり身体に異常は見られないので気づかない人が多いです。

造影剤が通りにくい人も存在する

子宮が閉鎖しているとまではいかなくても、通常より卵管が細いなどの理由で、造影剤が流れにくい人も見られます。
すると精子も同じように流れにくいので、受精する可能性低くなってしまいます。
しかし卵管造影検査をしたことによって、卵管の通過性が良くなる人が見られます。
検査をした後は比較的スムーズに精子が流れるようになり、無事に妊娠できるかもしれません。

卵管造影検査には、そのようなメリットもあります。
ですから、受けた方が絶対に言い検査だと言われています。
自分たちだけの努力では、足りないかもしれません。
詳しい知識を持っている、医師の力を借りる必要があります。
妊娠に関して悩みがあれば、何でも医師に相談してください。


この記事をシェアする
B!