不妊治療に使われる卵管造影検査で分かる病気について

病気の治療は早い方が良い

妊娠できる状態なのかチェック

卵管の状態を見ることは、卵管造影検査の目的です。
通常であれば問題ありませんが、何らかの異常が起こっている場合は残念ながら妊娠の可能性が低下してしまいます。
病気を発症しているなら、医師に相談すれば治療できるかもしれません。
異変が見られると医師に言われても諦めないで、どうすれば良いのか聞いてください。
子宮の大きさを確認したり、ポリープができていないかチェックします。
もしポリープができていた場合は、手術を受けて切除しましょう。

子宮内で異常が起こっていれば、検査薬が子宮まで届きません。
子宮が閉鎖していると考えられます。
それでは精子も届かないので、妊娠する可能性は低いです。
しかし体外受精をするという方法もあるので、絶対に赤ちゃんを授かることはができないというわけではありません。
今は治療方法など、たくさんの方法が見つかっています。
なかなか妊娠できないと悩まないで、医師に相談してください。

実際に卵管造影検査を受けた人の感想を聞くと、痛みを感じたと言っている人が多いです。
ですから検査したいと思っても、抵抗を感じる人が多いのではないでしょうか。
しかし、個人差があると思ってください。
痛みを全く感じない人も存在します。
どうしても痛みを感じることが怖いなら、事前に医師に伝えてください。
すると痛み止めを使ってくれるので、そこまで大きな痛みを感じないと思います。
副作用が起こる可能性もあるので、事前に知っておきましょう。

おすすめリンク

新宿で選ぶべき泌尿器科とは

なかなか通いづらさがあると言われる泌尿器科ですが、新宿区で通いやすい医院の特徴はどんなものでしょう。

卵管造影検査を受けてみよう

赤ちゃんがほしいと思っても、子宮に問題があったらその願いはかなわなくなります。 しかし、改善する方法があるかもしれません。 何をすれば良いのか把握するために、卵管造影検査を受けてください。 病気になっていれば、すぐに医師がふさわしい治療をしてくれます。

きちんと受精できるか調べる

子宮が閉鎖していれば、精子が届かなくなるので妊娠できません。 高齢になって閉経を迎えると子宮が閉鎖しますが、若い人でも閉鎖している人が見られます。 自分は若いから、大丈夫だと油断しないでください。 なかなか妊娠しない原因は、子宮が閉鎖しているからかもしれません。

痛みを感じる人が多い

検査をする際、痛みを感じる人が多いと言われます。 ですから体験者の話を聞くと、卵管造影検査に対して恐怖心を抱く人が見られます。 しかし、個人差があります。 人によっては全く痛みを感じず、スムーズに検査が進みます。 痛み止めを使ってくれる医師も多いので大丈夫です。